プロフィール

梶  鉄輝 (かじ てつき)

生年月日:1999年12月17日(現在 18歳)
出身:兵庫県川西市
血液型:B型
身長:180cm 体重:62kg
特技:自転車!
性格:明朗活発で社交的。何事においても前向きである。

【所属】
SONIC-RACING(マウンテンバイク 小5より)
チームブレイブ(トライアスロン 小6より)
伊丹市立伊丹高等学校 自転車競技部

詳しく見る

エピソード

エピソード

エピソード2

小学2年生で出場した、関西シクロクロス大会での初優勝をきっかけに自転車競技を始める。
中学1年生の時、トライアスロンチームでロード練習中、対向車線をはみ出してきた13tトラックと衝突しドクターヘリで運ばれる。
手術後、奇跡的に一命は取りとめたものの右腕に大きな障害を負う。
診断は、頭蓋骨開放骨折、頭蓋底骨折、髄液漏、右腕神経叢損傷等々であった。
退院後は厳しいリハビリを重ね、早くも事故の翌年、春のヒルクライムレースに片腕で復帰。
その後も入退院、手術、リハビリを繰り返しながら練習を続け、レースに参戦し、表彰台に立つまでになる。
高校では自転車競技部に入部し、主にロードやトラック優先となる。
兵庫県自転車競技連盟から県代表に選ばれ、全国高校選抜自転車競技大会に出場する一方、マウンテンバイクやロードレースにも参戦し、入賞を果たす。
高校3年生の時に、文部科学省の「トビタテ留学japan!」という留学支援制度があることを知り、自転車留学を思い立ち、応募。
自転車競技の本場ベルギーへの留学を勝ち取る。
2ヶ月間のベルギー自転車修行中に合計17回レースに出場。
トップレベルのレースに参戦し、多国籍のメンバーと生活を共にする貴重な経験を得る。
またこの年には、自転車と共に続けているトライアスロンにおいて、初めて長良川パラトライアスロン大会に出場。3位の結果を残した。

これからの目標

これからの目標

私は小学生から続けてきた自転車競技というものに運命を感じています。

中学一年の時、自転車競技を手放してもおかしくないような事が起きました。

当時私は自身のケガについて深く知りませんでした。

「肩と頭を怪我し骨折があったから手術して治した」
ただそのように思い、一刻も早くレースに出たいそんな気持ちでした。

しかし時間はどんどん過ぎていき、手術とリハビリの繰り返しが続きました。
毎日そんな中でしたが、自転車に対する想いは大きくなって、以前よりも夢が明確となりました。
今はその大きな目標を目指し、日々練習とレースに挑んでいます。

私の目標はパラトライアスロン、パラサイクリングの世界選手権で優勝し、
二年後の東京パラリンピックで金メダルを取ることです。
冬期は全日本シクロクロス選手権で優勝して、世界選手権で10位以内に入ることを目指します。
そして、いつかはロードレースでツールドフランスを走ることです。
この目標を少しずつクリアし、もっと高い目標を作れるようどんな苦労も乗り越えて世界の頂点を目指します。

これまで色々な人達が私を支えてくれて、素晴らしい出逢いばかりで本当に感謝しています。
声援ひとつ、どんな小さな応援も大きな勇気にかわります!
ぜひ応援よろしくお願いします!